葉酸サプリ

葉酸とビタミンB12は一緒に摂った方が良い?

妊活・妊娠中には葉酸がマスト。これはもう妊娠を目指す女性にとっては常識だと思います。でも巷に出回っている葉酸サプリの成分を見てみると、「ビタミンB12」の表示を一緒に見かけることが多いですよね。


ビタミンCなどのように身近なビタミンではないこともあり、一体なんに効くのか知らずに摂っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

じつは葉酸とビタミンB12がタッグを組むことで、非常に有効な働きが期待できるのです。

葉酸とビタミンB12の働き

葉酸には強力な造血作用があるほか、抗酸化作用により卵子の老化を防ぐ、また妊娠中には胎児の奇形や流産を防止するのに欠かせないビタミンです。

一方ビタミンB12にも造血作用と神経管閉塞や無脳症などの先天性奇形を防ぐほか、きちんと摂取することで巨赤芽球性貧血(白血球、血小板を含むすべての血球が著しく減少する)を予防します。

ビタミンB12は基本的に肉など動物性の食品にしか含まれず、人間の体内で作りだすことができないため、ベジタリアンの方に不足しやすいとされています。

葉酸とビタミンB12を一緒に摂るべき理由

葉酸とビタミンB12の働きに関しては上述した通りですが、とくに「造血作用」「先天性奇形の予防」と共通した役割を持っていることに気づくでしょう。

同じような働きをするのなら、どちらか一方だけでも構わないのでは、と思ってしまいますが、ちょっと待ってください。葉酸とビタミンB12は同じ働きを持っているようでいて、じつは互いに補い合うことでより効果を発揮することができるのです。


ビタミンB12は葉酸と協力して赤血球と結合し、ヘモグロビンの合成を助けるほか、葉酸の体内での再利用を補助する役割があります。

また葉酸とともにDNAの伝達やたんぱく質、アミノ酸の合成を行うため、とくに妊娠中の胎児の体の形成や遺伝情報の正しい伝達には、双方ともに欠かすことのできない栄養素であると言えるでしょう。

どちらかでも欠けてしまうと、一方の働きが十分滞りなく行われることができなくなるため、両方一緒に摂ることが勧められているのです。

効果を発揮させるにはどのように、どのくらい摂れば良い?

葉酸の摂取に関しては、厚生労働省により食事以外のサプリで1日に400㎍が推奨されています。市販のほとんどの葉酸サプリは所要量を満たすようになっていますから、記載の通りに飲めば問題はないでしょう。

ビタミンB12は通常時18歳以上で平均必要量が2.0㎍、推奨量が2.4㎍となっており、妊娠中・授乳中はは1日2.8㎍が推奨されています。

よほど偏った食生活でない限り、日本人の食生活において極端に不足することはないと言われていますが、例えばつわりで思うように食事が摂れない、あるいは肉類を控えた食生活を送っている場合は特にサプリによる摂取を徹底した方が良いでしょう。

また葉酸とビタミンB12は同時に摂取することでより効果が発揮されること、両方とも水溶性ビタミンで、不要な分は体外に排出されることから、やはりサプリでの摂取をオススメします。

妊娠中の葉酸サプリの最新情報

このページの先頭へ